categories

archives

Message

ashiato

株主優待

手ブロ

TWITTER

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

【ご案内】東京オフ会やります〜

東京オフ会のご案内です。
先日の銃士倶楽部のチャットで、勢いで日にちと場所だけ決定しました(笑)


日時:7月15日(日)
時間:大体6:00開始くらいを予定
場所:おやじの町・新橋のタイ料理レストラン「Bua de Thai」です。
http://www.facebook.com/BuaDeThai


カバのタイ人のトモダチがオーナーしております。
シェフはタイ人なので、味は日本人向けとはいえ、結構本格的。
美味いよ♪


参加ご希望の方は左のメールフォームからご連絡ください。
Twitterアカウント持っていらっしゃる方は、左TwitterからDMくださってもOKです。
Mixiお持ちの方はそちらからでもどうぞ。


詳細はまた後日、ご連絡します。
場所が新橋なので、オプションでオヤジ立ち飲み酒場もご案内できますぜ(笑)
お誘い合わせの上、ご参加お待ちしておりますー。


ヨタ話:バレエ「ボレロ」に興味があったら最後の機会だ是非行け公演の話

すいません、場違い承知で、でも書かずにいられなかったので、こちらでも少し告知させてください。
ギエムの思いにわずかながらも力になりたい、できるだけたくさんの日本人に見てほしいと考える、バレエファンの切なる思いとして、どうかお許しくださいませ。


シルヴィ・ギエムというカリスマダンサーが 「HOPE JAPAN」 として東京はじめ愛知、兵庫、富山、倉敷、広島、福岡、岩手(!)で、日本のためのチャリティー公演を行います。


さらに、今日、福島でも公演を行うという発表がありました。


って福島って……!!
なんという…ギエム……あなたと言う人は…!
涙出ます。
「ギエムの強い希望で」岩手共々実現した、被災地での公演です。


目玉はラヴェルの音楽、ベジャールの振り付けで有名な「ボレロ」。


世界広しと言えベジャール(現在はベジャールバレエ団)の指名・許可がなければ踊ることができない「ボレロ」を、また彼女のボレロがあまりに素晴らしすぎて「ボレロのギエム」となってしまったために封印していたこの踊りを、今回、日本の公演のため「だけ」に、彼女が再び、踊ります。


「ギエムって誰よ」とか、そうした詳細は 本家ブログ をご覧ください。


ただ、特に愛知、兵庫、富山、倉敷、広島、福岡近郊で、「バレエは機会があれば見たいと思ってた」「ボレロは興味あるよねー」という方々。


まさにその「機会」です、HOPE JAPAN。
バレエのチケットは決して安くないです(でも地方公演は東京より全然安い)。
でも、それに見合う価値が、この「HOPE JAPAN」にはあります。
何より、世界的に押しも押されぬカリスマダンサーが、日本のために被災地も含め9カ所で公演をやるなんて、考えられないことです。
しかもノーギャラで行う、無償の舞台です。
「人を心底感動させる、本物のアーティスト/クリエイター」の姿を、体感できるはずです。

そして「ギエムのボレロ」を日本で生で見られるのは、おそらくこれが最後の機会だと思います。


人の趣味はさまざまだし、押し付けるつもりはないけれど。
本当にチラとでも「バレエ」や「ボレロ」に、心の片隅で興味のかけらを抱いている方、ぜひ、逃さないでください、この機会。

本当に、一人でも多くの人に見てほしいと、今度ばかりは思います。
ご興味のある方、本家ブログにもお立ち寄りください。

ありがとうございました。
いやでも、ホント、ちょっとでも「ボレロ」に興味あるなら、ぶっちゃけ行かないとマジ損するから。
真剣に言ってます。


ヨタ話:ダンジョンゲームとキャラクター・エディター

見つけてしまった、オンライン・ウィザードリィ
いや、前からあったようなんだけどね。
やる時間なんてないとわかっていても、つい登録してしまうのであります。


実はウィザードリィことWIZは第1作からどはまりしたゲーム。
方向音痴のくせにダンジョンゲームは大好きで、トラップやパズルを解きつつ放浪する、サバイバル感がたまらんのである。


でもWIZより超ハマったダンジョンゲームが、実は「ダンジョン・マスター」なのであります。


このダンジョンマスターもといダンマス、登場は1980年代のPCゲーム。
この時代のPCといえばまだWINもない、PC-98系マシンの時代でありますよ。
歴史的にはWIZより古い。
というか、WIZやメガテンなど、後に出てくるあまたのダンジョンゲームの大元、ガイアとも言える神ゲーなのでありますよ。


私がこのダンマスをプレイしたのはSFCに移植された時代だけど、まあハマったハマった。


何がすごいか。


まず、とてつもなくリアル。
動くと腹が減り、のどが渇く。
そのまま放置すると、スタミナもHPも減り、飢え死にするのだ。
だから落ちている食料はもちろん、食料となるモンスターを狩って、泉を見つけてはガブガブと水を飲み皮袋に溜めて、ダンジョンサバイバルをするのであるよ。
方向音痴のくせにアイテムは余さず拾い、マップは全部埋めなきゃ気が済まない性格なもんだから、このサバイバル感ったらなかったなぁ。


さらに、キャラクターに応じて持てる荷物の上限が決まってる。
脳味噌筋肉なキャラはたくさん持てるけど、ひ弱な魔法使い系はあまりたくさん持てないし、女性でもパワフルアマゾネス系は、華奢な男性魔法使いより大荷物担いで歩いているわけですね。


もちろん鎧や武器、アイテムにも重さが設定されている。
「○○専用」というのはなく、24人の「勇者」から好きなのを最高4人までを選んでプレイするから、誰もが強固な鎧を身につけることはできるが、でもひ弱な魔法使いに重たい鎧を着せてガード固めても、すぐ腹減りで体力がなくなる…というこのジレンマ。


また修練を積めば、能力が上がるのだ。
つまり投げる、斬る、呪文を唱えるにしても、回数を重ね練習するほどに上手になるのである。
努力は報われるのだよ。


これは呪文も然りで、いわゆるMPゼロのキャラでも、MPアップのアイテムを持たせ、地道にダンジョンに明かりを灯す呪文から修練すれば、MPが増えるのである。
まあ、脳味噌筋肉系は元のインテリジェンスが低いから、モンスターを倒すには相当に修練を積まないとならないけど、明かりの呪文や、解毒剤、麻痺治しなんかは十分作れる訳ですよ。
結構考えようによってはいろいろな攻略法があって、それもまた楽しかった。


で、しかもダンマス、今更SFC買ってプレイする人はいないと思うので、ネタバレすれば。
ラスボスと戦ってしまうとゲームオーバーという、とんでもないオチまでついているのだ。


つまり、うっかりストーリー設定を忘れてダンジョン潜りにのめり込み、バトルに燃えてると、とんでもないしっぺ返しを食らうのである。
しかも思わせぶりに、ラス前でご大層なアイテムが手に入る辺りもイヤラシイ。


そしてPC-98版には「キャラクター・エディター」も付いていたのだ、ダンマス。
つまり自分でキャラの顔が描けちゃうのだ。
当時オリジナル系で同人やってた身にしてみれば、これは燃えるだろうさ!
描きたいだろう、遊びたいだろう、オリジナルキャラで!
でもさすがにPC-98には手が出せず、結局攻略本を眺めながら「いいなぁ」と、キャラクター・エディターに思いを馳せていたのですが。


しばらくしてSFCウィザードリィ6「禁断の魔筆」で、なんとキャラエディターが付いていたわけですな!


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!とばかりに、さすがにこれはやり込みました。
デフォルトで何回か遊んだ後、いよいよオリキャラドット絵作成に取りかかり、またやり込んだ。
戦士系、魔法系、盗賊系等々、自分のキャラに応じて能力振り分けて、ゲーム外のとこで異様に燃えた。
執念でセーブ2つ分だから12人くらい描いたか(笑)
いやぁ、何回やったかわからんわ(笑)


まあ形にするアテのないオリジナル・キャラクターなんて、文字通り脳内のカスというか澱というか、ゴミみたいなもんで、ほんとに自己満足ですけどね(苦笑)
まあ昔は描いたから、形になってるといえばなってるけど、どこ行ったかな〜。
そういう意味では二次創作は、共有事項が最初からあるから、人様にも分かりやすいよな。


でも、せっかく思い出したからちょっとだけ。


ヨタ話:今年のバレエはお預け&何やってんだ!?な予告

ヨタ話です(笑)


●バレエ「三銃士」は今年はナシで


牧バレエの2011-2012シーズンのDMキタ――(゚∀゚)――!!
でも「三銃士」なかった――(´・ω・`)ショボーン
今年はお預けかぁ。
「三銃士」やらない牧バレエに用はない…とは言い切らないけど。

まあ、せっかくならあの尻切れトンボのようなラストを、少し改訂してやってくれてもいいなぁ、とは思います。

でも密かにバレエ界のダルは、森田健太郎さんが一番ぴったりだと思ってます。
あの頭のでかさと言い、パツパツのオシリと言い、パワーと言い。
王子様よりいい感じだ。


とはいえ、今夏はミュージカル2つもあるし、映画もあるし、1月には韓流も見てきたし、今年は「ミュージカル」っつーことだろう。


そういや「韓流ミュージカル見に行った」とうっかり言ってしまったら、何やら韓流絡みの記者会見&取材がやたら回ってくるようになりました。
「こういうの好きでしょ」と。
別に韓流ファンじゃないんですが…(^_^;)
いやいや、お仕事いただき、ありがとうございます〜m(__)m


●「中国の不思議な役人」…できるのか!?


カバらしい分野でテイストで銃士パロでも…と思って、飛行機の中とかでちまちま描いてた絵コンテが上がったよ(笑)


でもあまりに個人の趣味に走り過ぎた分野で、またいきなり出すとびっくりされそうなので、チラッとだけ、落書き。


ヨタ話:ノンフィクションがフィクションを越えたいま

タイミング的に、「浜岡停止」のニュースが出たので、場違いですが少し書いておきます。
お話し&創作ブログとはいえ、日常という土台があってこその「創作」であることは言うまでもありませんから。
そして、これはホントに大事なことだから。
今回限りね、こういうことは。



●水道から「見えない敵」の臭い


忘れもしない、東京23区の取水区域からも放射線が出た日。
私は23区在住です。
「…とうとう来た…」と思いました。


ヨタ話:アラコン萌えで誕生日

アラコン萌えの頭で今年は誕生日を迎えました。
新三銃士やアラコンのおかげでいろんな縁もできたと考えると、これはすごくシアワセなことです。
感謝!


で、今日は全然ヨタ話です。


絵を描いたりというのは実に十数年ぶりとは前にも書いた記憶がありますが、多分当時の同人仲間が今、私が描いてるアラコン絵とかを見たら「お前、一体どーした!?( ゚д゚)ポカーン」と絶対言うに違いない(笑)


本来私の趣味はホコリ立てて地響き立てて走り回るような、ごっついマッチョ親父なんですな(^_^;)
苦手は美少年&美青年(爆)とセクシー姐さんを除く女全般で、特に「女の子」なんて激絶鬼門。
少女漫画も読むけどどっちかというと少年漫画中心で、今じゃ麻雀漫画も大好き。
もちろん魔女っ子よりもロボットアニメの方が好きだ。
今は死語だが「元祖オヤジギャル」と言われたほどに、性格は基本おっさん。
オヤジが地響き立てて走り回るジャイアント・ロボやダーティー極まりない石川賢の「ゲッターロボ」なんてもうツボ以外の何物でもない。


でもホントに時折、魔が差したように娘キャラにハマることがあるんです。
「ベルばら」や「キャンディ・キャンディ」、そして何故か(本当に何故か)「ジョージィ!」が捨てられないように…。
ホントに「ジョージィ!」なんて、「何でこんなもんが…(-_-)」と真剣に思うんだけどね(*_*)


まあともかく、時折魔が差したようにハマるのが、なけなしのヲトメいうかムスメいうか、そんな微かに残った琴線に触れるような娘キャラなんですな。


で、そんな娘キャラは数えるほどしかいない。
ロマンシング・サガことロマサガ3のサラであり、リアルでは英国ロイヤルバレエのアリーナ・コジョカル。
そして「新・三銃士」のコンスタンスも新たに加わった。
サラ、コジョカル、コンスは私の「なけなし三大娘キャラ」なのだ。
…ってコジョカルはキャラじゃないけどね(笑)


しかも「新・三銃士」の場合、そもそも私は高校時代に「ダルタニャン物語」を読んで以来のアラミス萌え(^_^;)
「三銃士」のデフォルトがアラミスで、しかも人形劇ではあんな萌え甲斐のあるイイ男で、さらになけなしキャラのコンスと…なんてことになったら、ハマらない理由がないのであるよ(*^^)v


で、考えて見るとサラ(16歳)もコンス(20歳くらい?)も大人し目な、でも芯の強い女性ということろが似てるなぁ。
ついでにロマサガ3に関してはトーマス&サラ絶対支持、つまりトムサラ萌え。
トーマスもアラミスも、誠実でクレバーな紳士という共通点がある。
…結局このタイプというか、こういうカプに弱かったか。


ちなみにリアルのコジョカル、相方はやはり英国ロイヤルのヨハン・コボー。
「最初で最後の恋人」と互いに言う稀代のカプなんですよ、この二人も。
トムサラはもちろん、ひょっとしたらアラコンだって「最初で最後の恋人」かも。


まあこのピンポイントな部分をどっぷり刺激し、今でも刺激してくれるアラコンは、いろいろ問題も多いだけあってまだ当分萌えられそうです。
そんな“ピンポイント”な楽しみにどっぷりはまりこんだ状態で歳を重ねる日なんてもの、一生にそう何度もないだろうな。
なんて面白いんだジンセーは。


あ、ちなみにコジョカルがローザンヌでスカラシップを取った時の創作舞踏はなんと「ダルタニャン」でした。
なんか因縁感じる〜。



★ご参考までに興味のある方向けに。
コジョカルは画像で検索すればいろいろ出てくると思いますがとにかくカワイイ。
リアル妖精。

動画(踊り)のお勧め
Sleeping Beauty ローズ・アダージョ
http://www.youtube.com/watch?v=uA5C-s4NjoQ&feature=related
オーロラ姫に求婚する4人の王子とのアダージョ。
時々この4人の王子が「四銃士」の恰好してたりすることがあって、その時は激萌え。


▲轡鵐妊譽1幕
http://www.youtube.com/watch?v=_wNYGEisTgc&feature=related
とにかく健気でカワイイ!!


マノン1幕のパ・ド・ドゥ
http://www.youtube.com/watch?v=n9EFM0_Brc8&feature=related
手紙を書く恋人に甘えるマノン。
「最初で最後の恋人」の、二人のラブラブっぷりを見よ!
(6分くらいあるので、ダルかったら後半の4分辺りからドウゾ)


新装開店:身にしみついたヲタは抜けない

 「新三銃士」。
まさかここまでハマるとは思わなかったのですが、もう妄想かなり猛々しくなってきたので引っ越します(^_^;)
てか、引っ越しました。
「新三銃士」はじめヲタネタ避難所ということで。

逐次本家ブログの過去記事も引っ張ってくる予定です。
どうぞよしなに。

まったく、キャラ萌えで「描きたくなった」とか「書きたくなった」ってのは何年振りだか。
身にしみついたヲタは抜けないのだと、つくづく実感しました。
やれやれ(*_*)

| 1/1PAGES |