categories

archives

Message

ashiato

株主優待

手ブロ

TWITTER

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

コラボブログ:イラストUPと「銃士のカミサマ」

めちゃくちゃお久しぶりです。


こーふーびよりさんとの コラボ・ブログ の方に、久々にイラストUPしていただきました。
また素敵なSSも付けていただきました。


身に余りすぎる、もったいないメッセージまで頂戴していますが、でも描いたものが少しでも誰かの力になるなら、これほど嬉しいことはありません。



3.11以来、絵どころか、文章すら描く/書く気になれず、とはいえ文章は書かないと飢えるから必死で捻り出す。
こんな時に自分は被災地に何ができるのか、とか考えてみると、なんて自分の仕事は土台が弱いのだと思い、その一方でフリーランスでこんな時代に食って行けるのかとか、結局自分のことを考えてしまっていたりする。


それに東京だって揺れるし、雨は降っちゃったし、でも福島や被災地を思えば「不安だ」なんて言ってはいけない!と飲み込み、でもそれがじわじわ心を圧迫して行く…という悪循環の日々。


またあの震災はそれまで目を背けていた自分自身と、否が応でも向き合わせてもくれちゃいました。
そして改めて気付く自分の情けなさに、却ってまたどよ〜んと心が萎えていく。


でも鬱った気持ちを奮い立たせろと言わんばかりの強引な出張渡仏、まるで銃士のカミサマが「お前は元気でなきゃいかーん!」とハッパかけてくれたような 「銃士の里」もといアラミッツ村訪問 は、赤貧で12年頑張ったご褒美か!?
帰国後は自粛の波を縫って行われたチャリティ・コンサートに足を運んで、なんとか前向きな気持ちを取り戻しながら、ようやく自分の仕事の意味を再確認し、また描こうという気も少しずつ、湧いてきました。


ついでに言えば、アラミッツ村訪問は、あの人形劇で叩きのめされ、終わってからも傷口に塩を擦り込まれ、それでも銃士を嫌いになりたくないからと、韓流ミュージカルでリセットかけようと必死だった自分に与えてくれた、銃士のカミサマの大いなるお慈悲だったのだとも思います(笑)


いずれにせよ、今分かってるのは、当り前だけれど、やるべきこととやれることを一つずつこなしつつ、元気でいること。
元気になれる者から元気になって、それが伝染すればいい。
そして“出番”が来た時に、力になれればいいのだと思います。



で。
果たしてその「やるべきこと」のひとつが落書きなのかはわかりませんが(苦笑)
描いてて思ったのは、描きたかったのはアラコン、というよりも「アラコンが象徴するもの」。
今回UPしていただいたイラストは、ストーリーの前後はなにも考えず、ただ浮かんだものです(笑)


っていうか、時代は変わり、価値観も変わっていくのだ。
こうなった以上、もう後ろは振り返りたくない。
「前を向けるもの」って考えたら、もう元ネタストーリーに捕らわれなくたっていいし、その必要ももうないだろう、とも思ったりもします。


だから今は、とりあえず、自分が前を向けるような、頭を上げていられるような、そしてこういうときだからこそホッとするようなものを、そしてささやかだけど、ひょっとしたらそれで人が元気になれるようなものを描いていけばいいし、そういうものを描きたいし、見たいし、聴きたいなぁ。



しかし、「銃士のカミサマ」なんて、何やら「トイレの神様」みたいなニュアンスのような…(苦笑)
アラミスのようなべっぴん銃士であると信じます、カミサマ(笑)
てか、アラミスがカミサマなのか、私にとっては(笑)


「新・三銃士」コラボ:コラボ小説制作秘話とプチ後日談

アラコン・コラボブログ Claire de Lune に小説「聖なる夜に」の前編後編UPされております。

まあここからは制作裏話なのでぜひコラボブログの方を一読いただいてから読んでくださいませ。




「新三銃士」コラボ:クリスマス企画でイラストUP&お返事

アラコン・コラボブログ Claire de Lune のクリスマス企画 でイラスト一発上げていただきました。
渡神さんのピュアさが素敵です。


私?
多くは語るまいよ(笑)
いや、「温い! まだ温い!」…と思ってたらああなりました。
でもまだ温い…気がする。
こういう場合って、何かちびっと身につけてる方が逆に色気増すかな、とか思いました。
あ、そういやコンスのカラーはこれが初でした。


でもパンツいうか下着姿の先生なんて逆にもっと生々しいだろう。
あ、でもそういえば褌話とか、心向くまま描き殴ってブン投げて放置したまま…というのもずいぶんあったような。
と、何故か今思いだしました。
回収せねばならないだろうか。
まぁ、いずれ(苦笑)


というわけで反省しつつ、以下拍手のお返事です。


「新・三銃士」コラボ:新居はスウィートルーム仕様で

アラコン・コラボブログClaire de Luneアラミス先生&コンスの新居の間取り図がUPされています。


いや、好きなんですよね、こういう図面とか(笑)
設定とかはじめると、「どんなとこ住んでいるんだ」「どんな部屋だ」「車はどんなの」とかもうどんどん妄想してしまう(苦笑)
妄想→調べる→資料が溜まる、で昔は図書館とか走り回ったうえに妙にコピーの山が溜まりましたが、今はネットがあるので楽なのがうれしい。
その分フォルダに関連性があるのか分からないようなジャンルのサイト名が並んでますが(笑)


で、新婚宅。
結論から言えばベースになっているのはホテルのスウィートルームです(笑)
ごてごてしていないシンプル系の二人なので、最初はル・コルビジェのユニテ・ダビタシオンみたいな、シンプル&機能的なものなのかと思っていたんですが、幼な妻いうか若妻(なんて隠微な響きだ(笑))との生活を考えるといまいち甘さが足りないかな〜、と。
キッチュでカワイイので、それはそれでいいのですが、ユニテも。


というわけで不動産サイトなんかでアパルトマンとかステュディオの間取りを見たんですが、今度は生活臭が先に来るような感じがしないでもない。


だったらいっそホテルのスウィートルームはどうだ。
そういえば、キチネット付きとかバスルームがロマンチックとか、あ〜んな感じのとかこ〜んな感じのとか、いろいろあったな。
先生も家で仕事することもあるだろうから書斎も必要だし、アトポルが来ることもあるだろうから客間に使えるスペースは必要だ。
あ、そういえば前見たあるホテルのスウィートにはメゾネットタイプのもあったぞ。
書斎をメゾネットの上部分にすればコンスも先生の背中見ながらくつろげるし、何より安心するに違いない。


客間と寝室はあまり近くないほうがいい(笑)
そういえばベッドは…寝室は先生の身長が190超だとすれば、どのくらいでかくなるのやら。
キングサイズだのクィーンサイズって、実際大きさどのくらいだっけか?
確か200cmくらいだったか…?


そう思って欧米のベッドサイズを検索してみたら、キングサイズでも縦190cm…!
ロングでも205cm。
先生の身長が仮に195cmとしたら、身長+10cmってやっぱり窮屈だろう。
いずれにしても欧州標準じゃいまいち足りない。


それよりでかいのはカリフォルニアサイズ213cm。
足りそうだけど…でも甘々ラブラブ新居に「カリフォルニア」なんて、そんなヤンキーなベッド絶対ヤダ――!!!(ダンダン!)


いや、だがオランダ人や北欧人みたいにでかい人たちだってちゃんとベッドで寝ているんだ、何かあるはずだ…と思ったら、ありました。
スカンジナビアサイズ縦220cm!
さすが北欧!


というわけでベッドがやたらとでかい新居です。
存分に楽しめます(え?)


でも先生が出張で不在のときにこんなだだっ広いベッドに150cmのちっちゃいコンスが一人で寝るのは、なんか寂しいですね、コンスにしてみりゃ。
その分帰ってきたら甘えまくりもしょうがない…というか微笑ましい(笑)
いや〜永遠の新婚です。


「新・三銃士」コラボ:捏造幼年・若年時代とコスプレ「粉屋」アラミス

●捏造宣言(笑)


アラコン・コラボブログClaire de Luneのパラレル設定に設定キャライラストがいろいろUPされております。
もうかなり捏造入ってます(汗笑)
若い頃とかガキンチョ時代のアラミス先生とか…。
アトポル的にはあまり変わらない感じですが。


てかまあパラレル自体が捏造ですが、本編がアレだもん。
せめてパラレルでは存分に遊ばせていただきますぜ。
マンステールさんの中身だってそのうち描いてやる、チクソー。


ということで、多分今後相当捏造イラストの嵐になると思います(笑)
捏造OKって方は覗いてやってください。


こちらもコスプレとか本編部分でも今後、少年時代とか若造時代とかの捏造イラストが入るかもです。
どうしましょうね、タイトルに<捏造>とでも入れるようにしましょうかなぁ、苦手な人のためにも(^_^;)


●光と影の粉屋


コスプレです。
バレエ「三角帽子」の粉屋の主人…なんだが粉屋にしちゃカッコよすぎる。


「新・三銃士」コラボ:「設定集改訂版」南仏男はラグビーである!…のだが

●でもアラミスにラグビーが似合わない


アラコン・コラボブログ設定集の改訂版が掲載されています。
で、アラミス先生はじめ三銃士やダル小僧はフェンシングをやってる、あるいはやってたことになってます。


いや「銃士→フェンシング」なんてあまりにベタすぎなので、最初は思いっきり個人の趣味も含めてラグビーやってもらおうと思っていたんです。
てか、南仏の男はラグビーなんだよ(笑)
つーか、南仏=ラグビーなんである!
しかもラグビーは「One for all, all for one」のスポーツ。
「一人はみんなのために、みんなは一人のために!」
「みんなは一人のために、一人はみんなのために!」
Tous pour un, Un pour tous!
それに奴らガスコン人もといガスコーニュの辺りは南仏ラグビーのメッカの一つだ!
幼少時はラグビーこそがスポーツであり選手は街の身近なヒーロー!という環境に育ってきたに違いない。
だったらせっかくパラレルなんだからやらせてしまえー!!


…と思ったんですが。


アトス、ポルトス、ダルのラグビー姿はもとよりポジションさえすぐ浮かぶのだが、アラミスがラグビーをする姿というのがどうしても!!思い浮かばないんでありますよ、この私が!
ポジション的には間違いなくバックスの司令塔であり頭脳たるSOでガチなのだが、どうしてもプレイする姿が思い浮かばないのです。
てかラグビージャージ姿を描こうとすると手さえ止まる…。
ジャージ→バッキンのインパクトが強すぎるのか…??


いずれにせよ、アラミスにラグビーは似合わないのだ。
リアルラグビー観戦歴ン十年。
昔の同人時代はラグビー本を(も?)作り、在仏中は週末になるとラグビー場に通ってオヤジや小僧共と一緒に試合を見ていた私がそう感じるんだから間違いない。
…ちくそー…なんてこったい…_| ̄|○


では他にアラミスに似合うスポーツってなんだろう…と考えると、フェンシング、乗馬、クレー射撃とか、なんか個人のスポーツしか思い浮かばないのですよ。
結局ガチガチのチームスポーツとか球技とか、この人はダメなんだな(^_^;)
さすがデフォルト・ヒキコモリ…というか、原作準拠な孤高のアラミスか…(泣)


というわけで狭い選択肢のなか団体戦があり、かつ三銃士+1の全員ができそうなもの…ということで、結局ベタすぎるけれど「フェンシングをやっていた」ということに落ち着きました。
しゃーねーやな(笑)

というわけで、せめて3人分の南仏男の落書き。
      


あああ、いい縦ラインができそうだったのに…(泣)

●「街のクラブチーム」と「体育教師」


あと設定に出てきた「街のクラブチーム」について。
ご存知のように欧州はスポーツはもちろん体育の授業でもあるけれど、基本的に街のスポーツクラブでやるもので、日本のような学校の部活はありません。
Jリーグの、例えば浦和レッズのスポーツクラブでサッカーだけでなくテニスとかいろいろなスポーツをやってますし、アルビレックス新潟もサッカー以外にもベースボールクラブとかランニングクラブとかがありますが、そんな感じです。
学校が終わったら運動をしたい子はスポーツクラブに行って汗を流す、というスタイルですね。
パラレルでいってる「街のスポーツクラブ」ってのはそんなスタイルをモデルにしています。


もちろんスポーツによっては――英国のケンブリッジとかオックスフォードとか伝統的な大学で、ラグビーやクリケット、フェンシングやレガッタなど伝統的なスポーツであればクラブがあって、そこでチームを持ってやっている場合もあるようです。


ダルが大学でフェンシングをしているのは、その大学は伝統的に大学スポーツとしてフェンシング部の長い歴史があるからでしょう。
体育教師を目指す学生だから…ということもあるかも。


また、余談ですが。
欧州…というかフランスは体育の先生というのは学校にいる場合もあるけれど、外から雇われ先生がくる場合もあるそうです。
つまり「体育教師」という職業があり、かつ「ラグビー教師」「サッカー教師」「体操教師」とか、それぞれ専門もあるんですね。


パラレル・アトスもそんな専門教師の一人で「フェンシング教師」としていろんな学校を回っているのかな、と思います。
大学教授って感じじゃないから…あの人。
街の小学校や中学校を回って子供たちにフェンシングを教えている姿の方が全然しっくりきます。
教授になるための論文書きなんて「面倒臭ぇ、やってられねぇよ」と言いそうだし、言っただろうと(笑)
でもそれゆえに、フェンシングに一途なフェンシングバカなのです。


「新・三銃士」コラボ:ポケモンで浮かぶネタ

●コラボ:アトケティ的コミュニケーションの極意

ケティは砂かけを覚えた!
ケティは乱れひっかきを覚えた!
ケティは猫の手を覚えた!
ケティはいちゃもんを覚えた!


いや、現在プレイ中のポケモン黒白に出てくるチョロネコがなんともケティでして。
ついつい「ケティ」と名付けて連れ歩いております。


そんなノリで描いた4コマがアラコン・コラボブログ「Claire de Lune」にUPされております。


いや、元ネタがポケモンゆえこっちにあげようかと思いつつ、世界観は思いっきりパラレル・アトス故、コラボブログの方にあげときましたので、お立ち寄りください。


こっちにはケティちゃんを(笑)


     
美猫ですね、あらためて描いてみると。
ホントにミレディの分身みたいです。
いやあ、これじゃあアトスもさぞや可愛かろうさ。
メロメロになってしまってもしょうがないというものです。


●ポケモン的新・三銃士


ところでポケモンネタが出たところでずっと気になっていたのですが。


ベロベルトを見ると私はどうしてもポルトスを思い出します。
あの丸っこい身体といい、ピンク色に襟のひらひらといい、ちょっとカールしたような前髪(?)といい…。

必殺コンボは「まるくなる+ころがる」でガチだろう。
性格は「ようき」、個性は「ちょっぴりお調子者」、特性は「あつい脂肪」だ!


同じく必殺コンボ持ちがコンスタンスの「ねむる+いびき」。
ピンク色でカワイイ感じだと今のところプクリン辺りが有力候補ですが、黒白進めたら何かまたよさげなのが出てくるだろうか?


こんなふうに考え始めると止まらなくなるわけで。
アトスは「三色パンチ+気合い溜め」だから格闘系かな。
アラミス先生は「瞑想」あるいは「ヨガのポーズ」と「自己再生」は入れたいトコでしょうから、そうなるとエスパー系からなにか選ぶか。
ダルは犬系で「吠える・噛みつく」辺りは鉄板か(笑)


いや、とりあえず黒白一通りいじったらポケモンで三銃士でも作ってみようかと思います。


「新・三銃士」コラボ:居直りと逝っちまったペンタブ

アラコン・コラボブログ「Claire de Lune」におゲレツ4コマUPしていただいております(笑)


●漢は黙って心身鍛錬!


ええ、どんな非難を受けようともドン引きされようとも、キョモイとかキタナイとか言われようとも、私はもう人形アトスはこれでいいと思ってます(笑)
イイ男じゃないか!
カッコイイよ、努力家だよ!
そしてケティLOVEなんだよ(笑)


そして先生はさり気に自覚のないナルシストだと思います。


ついでに小声で言っとけば……Kabaのおゲレツはきっともっとエスカレートすると思いますです(笑)
まあ予告したから(笑)



●ペンタブ臨終


ペンタブが逝っちまいました。
てか正確にはペンタブのペンの部分…。
いや、前から調子が悪いとは思ってたのを騙し騙し使ってたんですが、今日とうとうカーソルが全然反応しなくなっちまった…。
ドライバを入れ直しても、絵描きソフトの方を最新にアップデートしても改善されなかったのでワ○ムにTEL。


後ろの消しゴムモードは使える模様。
ワ○ムのオペレーターさんに言われたとおりにいろいろやってみたところ、結局ペンの故障であろう、という結論に至った次第(泣)
ヲイヲイ、今更アナログで原稿なんて描けないよー!


とりあえず、出張持ち運び用のおもちゃみたいな廉価版を繋いでますが、やっぱりイマイチ使い勝手がよろしくない。


不幸中の幸い、ペン部分の故障ということで早速代替品を注文しましたがいつ来ることやら…。
これだからデジタルは恐ろしい(T_T)


「新・三銃士」コラボ:パラレル・アラミスはメガネがデフォ?

アラコン・コラボブログの裏設定でこーふーびよりさんが語っておられますが、コラボ・パラレルのアラミス先生は近眼、メガネ着用です。



コンタクト着用も考えたのですが「眼にモノを入れるのはどうも抵抗がある」とか言いそうだったので(苦笑)
こういうヘンなこだわりを持ってそうな感じなんですよね、アラミス。
というか結局近眼であることには変わりないのか(笑)



でもパラレルのアラミス先生はコラボに限らずなんかすごくメガネが似合う気がしてならない。
どうしても描きたくなるんですよね、眼鏡。
「パラレルのアラミスは眼鏡デフォで」と言いたくなるくらいです。



そんなわけでちょっと描いてみた。
コラボ・パラレルとはちょっと系統が違うので拍手のお返事共々こっちに載っけときます(^_^;)


「新・三銃士」コラボ:追加の言い訳とお返事

滝汗流した男臭いイラストも今までにないくらい反響をいただきました。
ありがとうございます。
これで毛玉アトスもフンドシもOKということで、安心して続きができます。
…と言いつつ言い訳(汗笑)


●BGMは兄弟船(追加イラスト2点)


間を埋めてくれたびより巨匠、ありがとうございます。
本当はもっと毛玉なアトスを描きたい…いや、サービスしたいと思いつつ、今は物理的にこの段階が限界です(泣)
コマ割ってもいいくらい沸いてはいるんですがね…。


とりあえず陸(オカ)でスカしてる残り二人もひんむいた。
いや〜、みんな仲良しだね(笑)


というわけで以下、お返事とヨタ話。

read more...

| 1/2PAGES | >>