categories

archives

Message

ashiato

株主優待

手ブロ

TWITTER

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

三銃士の旅2013冬(3):イエズス会の礼拝堂で一層リアル

直接小説には登場しないのだけど、見ておきたかったのがイエズス会が1660年頃に建設したという、サン・イヴ礼拝堂。
この「イエズス会が」「1660年頃に」ってのはグッと呼ばれません?
時代背景を一層リアルにするような感じで、これはぜひ見に行かねばなるまいと思っていたのだ。


が。
観光局がくれたしょぼい地図には載っていなくて、どこにあるのかわからない。
観光名所にはなっていないようだ。


いやでも、司教様の町だ、絶対お導きがあるはずだ!と思って(思いこんで)自力捜索を開始。
イエズス会が教会を辺鄙なところに建てるとは思えないんだよなぁ…と思いつつ、何気に門をくぐり城壁を抜けたら目の前にでっかい建物――市庁舎があり、その右手になにやら怪しげな、見たことのあるスタイルの建築物が。
ふっと上を見たら、あるじゃないのさぁ〜、イエズス会のマークが!!


              


おおおおおキタ――(゚∀゚)――!!


しかもイエズス会建築特有の、正面壁が薄っぺらい…というか、1枚板のようなというのか、そんな造りだよ。

             


外の表示には確かにサン・イヴ礼拝堂って書いてあるし!
お約束通りじゃん、やったね!
お導きだね!
ありがとう、アラミス!


というわけで、サン・イヴ礼拝堂。
築1660…というか、もともと神学校だったところに、イエズス会が1661年に礼拝堂をくっつけた、という感じらしい。
今は中学校になっているようで、確かに観光スポットじゃあないわな。


ともかくこれで確かに、史実としても、イエズス会がこの町に手を伸ばしていたという証が立ちました。
しかも神学校ごと乗っ取ったのか!?
会士育成機関だったのか??
やることがやっぱりエグいなぁ(苦笑)


しかも年代的に、イエズス会が礼拝堂を建てて根城を据え、まず送り込んだのがアラミス…という感じにとれなくもない。
当然、司教様とイエズス会士の密談とか会合とか、そんなことがここで、あるいは司教様が密使を送って、ここから郊外の館に迎え入れ、行われていたかも…なんてねぇ、妄想膨らみますねぇ。
うっはー、萌えー♪
アラミスの策謀に一層リアリティを添える建物ですよ。
うへへへ。


というわけで、司教様の町を満喫。
ひとしきり巡ってお城から聖パテルヌ教会を望むと、確かに郊外です。

              


てか、この距離を歩いたのかww

ともかく。
こうなるとやはり次は、ベル・イールに行かねばなるまいなぁ!


スポンサーサイト

  • 2014.11.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする