categories

archives

Message

ashiato

株主優待

手ブロ

TWITTER

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

バレエ「三銃士」:たそがれダル

●ダル役コメント

牧のブログに3月8日にゲストでダルを踊るプトロフからのコメントと写真が掲載されていました。

http://www.lightacorner.com/ambt/2014/02/from-ivan-putrov.php

やっぱりこうしてみるとイケメンであります。
いつの写真かな。

プトロフの日は私のバレ友さんも結構参戦するようです。
9日の菊地さんだっていいと思うよ、私は。
何より彼はダル役を踊りたくてしょうがなかったようですから。

●「ガラスの仮面」追体験

先日新国立劇場バレエ団の「白鳥の湖」を観てきましたのですがね。
この日主演の唯ちゃんはご贔屓ダンサーの1人なんですが、彼女のナナメウエ解釈となり切り演技力は「ガラスの仮面」のマヤちゃんを思い出します。
「ガラスの仮面」追体験をしているような気になることもしばしばありますが、この日の舞台は本当にそんな感じで、とあるシーンなんて「ジーナと5つの青い壺」とか思い出しちゃったりねぇ。

正直新国の「白鳥…」全幕って本当にしょーもない、くっそつまんねー演出なんですが(2幕だけ切り取って見る分には美しいんですがね)、それを感涙モノのとてつもない重厚なドラマに仕上げた彼女の力量にはただただ圧倒されました。
「米沢唯……こわい子……!」

ちなみに新国にはまさに亜弓さん的に理詰めで役作りをして、「私は完璧なオデットを踊ったはずよ!」という正統派の、非常に美しいダンサーさんがいるんですが、その「亜弓さん」がいるからこそ、唯ちゃんは存分にマヤちゃんっぷりを発揮できるんだろうなと思ったり。
つまりマヤちゃんは正統派があってこそのマヤちゃんであり、だから「紅天女」も今後どういう展開になるかはともかく、正統派の亜弓さんに伝授しておかないと、月影千草亡きあと、次代に教えられる人がいなくなっちゃうからでありましょうね。

なんか話がどんどんそれて行きそうなので以上。

スポンサーサイト

  • 2014.11.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする